>> 【セール情報はこちら】3/13までブログが最大53%OFF+5000円引き

Cocoon設定閲覧できません??解決方法2選!

当ページのリンクには広告が含まれています。
アイキャッチ画像「エラー画面」

Cocoon設定をしていたら、「閲覧できません」とエラーが…。

何度やってもダメだ…、どうすれば解決できるんだ…。

エラーが出た時って、なかなか解決方法がわからず困りますよね。

本記事では、Cocoon設定でエラーが出てしまった時の解決方法について説明しています。

2つの簡単な解決方法を提示しており、どちらかの方法で99.9%解決できると思いますので、Cocoon設定でお困りの方はぜひ参考にしてみてください。

エラー画面
目次

解決方法①WAFをOFFにする

まず1つの目の解決手順から説明していきます。

ConoHa WINGの設定を変えていくので、まずConoHa WINGを開きましょう。

WAFをOFFに設定

<手順>
 ①サイト管理をクリック
 ②サイトセキュリティをクリック
 ③WAFをクリック
 ④利用設定を「OFF」に変更

WAFをOFFに設定変更するだけで、Cocoon設定のエラーは解消されます。

ただし、WAFはセキュリティ対策に必要な設定ですので、Cocoon設定が終わったら、すぐにWAFをONに戻しておきましょう

解決方法②クロスサイトスクリプティングを除外する

上記の解決方法でエラーが解消されなかった場合は、今から説明する方法を試してみてください。

以下の画面は、先ほどと同じ画面です。

クロスサイトスクリプティングを除外する

赤線で示した部分をみると、クロスサイトスクリプティング攻撃(サイトの脆弱性を狙った攻撃)が検出されています。

これは誤検知によるものなので、問題ないと教えてあげる必要があります。

手順としては、上記画面の赤矢印で示した部分の「除外」をクリックします。

すると、以下の画面が表示されますので、「はい」を選択しましょう。

対象の攻撃を除外するで「はい」を選択

以上の設定が終わりましたら、Cocoon設定に戻ってみましょう。

おそらく、エラーの表示が解消されたかと思います。

まとめ

Cocoon設定で「閲覧できません」のエラーが表示されたら、ConoHa WINGの設定を確認しましょう。

解決方法は、「WAFをOFF」にするか、「クロスサイトスクリプティングを除外」することで、大方解消できます。

本記事が、問題解決のお役に立てましたら幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

20代女性ブロガー。医療従事者として3年間勤務した病院を辞めフリーランスへ転向。メインはブロガーとして活動中。「ストレスフリーで稼いで自由に生きる」がモットー。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次